2020年05月19日

蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法

ご閲覧ありがとうございます。
蔵前工房舎・通販部です。

蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法

APS‐3 カスタムの要である「SUSストライカー」「SUSシアーABセット」の再入荷記念として、
今回はAPS-3 にSUSストライカーとSUSシアーを組み込むための分解、組み立て方法を解説いたします。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
まずは分解に必要な工具のご紹介です。
左から、No.2 (太めの)プラスドライバー、1.5mm ピンポンチ、プラハンマー、
精密マイナスドライバー、六角レンチドライバー 2mm、2.5mm 各1本、ピンセット、金ヤスリ

以上の工具があれば、APS-3 の基本的な分解組み立てが行えます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
ここからは分解の工程をご説明します。
手始めに、グリップ底部の穴の奥にあるグリップスクリューを、プラスドライバーで外します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
すると、このようにフレームからグリップが外れます。
グリップワッシャーとグリップスプリングワッシャーの紛失に注意してください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像の位置のフロントトリガーガードスクリューを外し、フレームからフロントトリガーガードを
取り外します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像の位置のサイドプレートスクリューを、左右共に外します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像中に赤丸で囲った部分のコッキングレバーピンを、ピンポンチとプラハンマーで抜き取ります。
このピンを抜くと、画像のようにコッキングレバーを浮かせることが出来ます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
先のようにコッキングレバーを浮かせた状態で、画像中に赤丸で囲った2箇所のサイドプレートシャフトを
精密マイナスドライバーで外します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
すると画像のように、左右のサイドプレートがフレームから外れます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
サイドプレートを外すと、フレーム後方のスリット内にストライカースプリングが収まっているのが見えます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
このストライカースプリングと、その後ろにはまっているストライカースプリングホルダーを
フレームから取り出します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像中に赤丸で囲ったリアサイトスクリューを、2.5mm六角レンチドライバーで外します。
尚、六角レンチドライバーは、一般的な六角レンチでも代用可能です。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
リアサイトスクリューを外すと、リアサイトの裏側からリアサイトベースナットが取れますので、
紛失に注意してください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像中に赤丸で囲った位置にあるリアサイトピンを、1.5mmピンポンチとプラハンマーで
抜き取ります。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
すると、画像のようにフレームからリアサイトが外れます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
リアサイトが外れたところで、画像中に赤丸で囲った3箇所のフレームピン A、B、C を、1.5mmピンポンチと
プラハンマーで抜き取ると、チャンバーブロックとフレームが分離します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
次に、画像中に赤丸で囲ったシアーピン2本を、1.5mmピンポンチとプラハンマーで抜き取り、
シアーA とシアーB をフレームから取り出します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
蔵前工房舎製の 「SUSシアーABセット」 を組み込む場合は、シアーA、B をそれぞれ純正
(ノーマル)パーツと交換します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
この際、純正パーツのシアーB に取り付けられているシアーB スプリングを取り外し、
ステンレスシアーB の同じ位置に取り付けてください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
ここからはシアーの組み込み工程です。
画像中、赤矢印で指したシアーC を、ピンセットの先端でフレーム左側(画像中の右上方向)に
押さえつけておきます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
シアーC を左側に押さえた状態で、シアーB をフレームとシアーC の間に挿し込みます。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
シアーB を差し込んだら、その上にシアーA を挿し込み、シアーA、Bの両方をシアーピンで固定します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
シアーA、B を組み込んだら、画像の位置にストライカーを乗せて後方(画像中の右方向)に動かし、
トリガーを引いた時にシアーが正しく動作することを確認します。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
尚、蔵前工房舎製の 「SUSシアーABセット」 を組み込んだ際、セーフティのON、OFF 時に
暴発する場合があります。
そういった症状が出た場合は、ストライカー先端の、画像中で赤く塗った部分を
0.3mm ~0.5mm ほど、金ヤスリで削ってください。




蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
ストライカー先端を削る時は、平らな場所にストライカーを垂直に立てて、画像のように金ヤスリを当て、
少しずつ削ってください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
こちらの画像は、削り加工を終えたストライカーの先端部分です。
一気に削るのではなく、少し削って組み込み、動作を確認するという具合に微調整してください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
また、ストライカーを蔵前工房舎製の 「SUSストライカー」 に交換した際、やはりセーフティが
正常に機能しない場合があります。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
その場合は、SUSストライカー先端の、画像中に赤く囲った部分のエッジをダイヤモンドヤスリ等で
軽く磨いて、グリス等を塗布してください。
この際、エッジを磨きすぎると動作不良を招きますので、様子を見ながら微調整してください。





蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
尚、SUSストライカーを組み込む場合、付属のシアーA 強化スプリングを、純正のシアーA スプリングと
交換すると、セーフティON/OFF 操作時の暴発防止策になります。




蔵前工房舎 SUSシアー & ストライカー組み込みのための APS-3分解方法
以上の調整、加工が完了したら、後は分解と逆の手順で組み立ててください。




桑田商会/蔵前工房舎では、マルゼン製 APS シリーズ競技銃の持ち込みカスタムも承っております。

詳しくは、弊社ネットショップご利用案内ページをご覧くださいませ。



同じカテゴリー(工房舎的お知らせ)の記事画像
店頭販売、再開しました。
蔵前工房舎・通販部より、お知らせです。
臨時休業の御案内です。
再開遅延です。
一時閉店の御案内。
臨時休業の御案内。
同じカテゴリー(工房舎的お知らせ)の記事
 店頭販売、再開しました。 (2020-05-26 17:02)
 蔵前工房舎・通販部より、お知らせです。 (2020-05-12 09:06)
 臨時休業の御案内です。 (2020-04-10 16:30)
 再開遅延です。 (2019-10-01 08:59)
 一時閉店の御案内。 (2019-09-30 08:18)
 臨時休業の御案内。 (2019-09-09 08:27)